私流の音楽の聴き方

素敵な音楽はいいオーディオ機材で!

小さいオーディオでも良い音で音楽を楽しむことができる

オーディオというと、一昔前までは大きいスピーカーが二つに大きい本体が間にありとても場所をとったので、スペースが必要と思われる方も多いでしょう。
最近ではスピーカーもとても小さくなり、本体部分もスリムになったので部屋が小さくても置けるようになりました。
大きいスピーカーもありますが、小さくても高音や低音の良い音が出るようになっているので音にこだわる人も満足できます。
テープ、MDは需要が少なくなってきているので、テープ、MDを聴けるオーディオは少なくなりましたが、お馴染みのCDに加え、Bluetooth対応機器の音楽をワイヤレスで接続できるようになったり、SDカードに入れた曲を聴けるようになったりといろいろな方法で音楽が聴けるようになりました。
サイズが小さいうえに、大音量で聴くことができ、大音量にしても音がわれないのが人気です。
また、カラーが何色もあり部屋に彩りを与えることもできます。
CDをそのまま聴くことはなく、スマートフォンやSDカードに入れた曲だけを聴いているという人は、Bluetooth対応のスピーカーさえあれば手のひらサイズからあるので、バックに入れて持ち運びができ、外出先でも良い音で音楽を聴くことができます。
このようにいろいろな方法で音楽を楽しめるようになりましたので自分のライフスタイルに合わせたオーディオを選ぶと良いでしょう。

オーディオ機器には記録媒体ともに変化してきた歴史がある

オーディオというのは、一般的には音楽等を録音や再生する装置のことを指していて、オーディオ機器と同義で使われることが多いです。
英語のaudioの意味は「音声の」という意味で、基本的には人間が聞こえる音、人間が音を聞くことと理解するといいでしょう。
音に関してはサウンドという言葉もありますが、こちらは人間に聞こえない音、つまり耳が感知できない周波数の音も含めていますので、私達が音楽を聴くときはオーディオというのが正しいのかもしれません。
この録音再生機器の世界も過去から遡ってくると、大きく変化してきたことがわかります。
古くは手回しのオルゴールや蓄音機があり、データが物理的な凹凸等で記録されているアナログ機器でしたが、レコード、カセットテープというように記録媒体が進化することによって録音再生装置もレコードプレーヤー、カセットデッキ、コンポと変わっていきました。
ポータブル再生専用機が開発されヒットした時代もありました。
その後、デジタル化が進み記録媒体はMDやCD、DVD、ブルーレイ、ハードディスクと変化し、最近では録音再生機器は完全にコンピュータの一機能と化してきました。
一方でマニアの間では古いコンポが珍重されていて、趣味としての世界の広がりも見せています。

『オーディオ』 最新ツイート

@earphoneIntrodu

イヤホンの世界は十人十色。それがまたおもしろくて、入り込んでしまう。 #オーディオ#イヤホン

50秒前 - 2017年10月19日


@irony49371

@ash_tanucha ぼくもダイヤトーンを日本橋で買ったのがオーディオの事初めでした。

50秒前 - 2017年10月19日


@annansu_417

あ!ミューレのオーディオ応募しなくちゃ!

53秒前 - 2017年10月19日


check

コンセプトに合わせてこだわりを追求します。

平塚 ZEH

高濃度「イノシシ-OUT」原液のご案内です。

イノシシ忌避剤

低料金体系と接客レベル、そしてリピーター率が自慢です。

大阪の運転代行センター

2017/9/29 更新


ページトップ

Copyright © 2015 私流の音楽の聴き方 All Rights Reserved.